映画スニーカーズ風の暗号解除エフェクトを楽しむことができる「No More Secrets」

S 2016 05 05 9 34 46

1992年に公開されたハッカー映画の先駆け「スニーカーズ」。 ロバート・レッドフォードやリバー・フェニックスといった個性的な出演陣が暗号解読機めぐって陰謀に挑むプロ集団を演じた人気作です。

本日紹介する「No More Secrets」は、この映画スニーカーズに登場する暗号解読シーンをターミナル上で再現するソフトウェアです(オリジナルはYouTube動画0:35あたりで確認可能)。

映画のシーンをほぼ忠実に再現した「sneakers」コマンドと、シェルの結果をパイプとして入力することができる「nms」コマンドが含まれています。

インストール

No More SecretsはLinuxやMacなどUnix系のOSで動かすことができます。

インストールは以下の手順で。

git clone https://github.com/bartobri/no-more-secrets.git
cd ./no-more-secrets
make
sudo make install

ただし「make install」すると「/usr/local/bin」にインストールされますので、/usr/local以下を汚したくないHomebrewユーザーはご注意ください。

S 2016 05 05 9 50 32

「ls -l . | ./bin/nms」や「./bin/sneakers」のようにインストールせずに実行することもできます。

まとめ

No More SecretsはCの関数として呼び出せるようになっており、プログラムに組み込んで実行することもできます。丁寧な解説がGitHubに掲載されていますのでNo More Secretsエフェクトを自作プログラムで発動させたいかたはそちらを参照してください。

スポンサーリンク