Notable - Markdown記法に対応したマルチプラットフォーム対応のノートアプリ

S 20190309 122555

GitHubでサポートされたこともあり、軽量マークアップ言語「Markdown」が普及してきています。

本日紹介する「Notable」は、このMarkdown記法をサポートしたオープンソースのノートアプリです。Electronを使用して作られていて、Windows/macOS/Linux用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

以下のような特徴を持っています。

  • 独自のフォーマットなし: 通常のMarkdownファイルにコンテンツを保存。
  • 適切なエディタ: WYSIWYGエディタは採用していない。
  • 無限にネストしたタグ: 通常のタグに加えネストしたタグもサポート。

EvernoteやBoostnoteと言ったほかのノートアプリとの比較表も公開されています。

以下使用方法を説明します。

Notableの使用方法

GitHubのリリースページから最新の実行ファイルをダウンロードします。Macの場合dmgファイルをダウンロードし、中に含まれるNotable.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

アプリを起動すると最初にデータディレクトリの場所を決定する画面が表示されます。

S 20190309 113606

▲「~/.notable」でよければ「Use Default」を、それ以外のディレクトリに保存したい場合は「Select」ボタンをクリックします。DropboxやGoogle Driveなどにデータフォルダを保存することで、複数マシンでデータを同期することも可能です。

Notableメイン画面は以下の通りです。

S 20190309 122044

▲3ペイン式の画面構成で、左から全てのノートが表示される「サイドバー」、選択したカテゴリに含まれるノートを一覧表示する「ミドルバー」、Markdownノートを記述・閲覧することができる「メインバー」となっています。

画面中央上部のペンのアイコンをクリックするか「Command + E」を押すことで、選択しているノートの編集モードと閲覧モードを切り替えることが可能です。

Tag

▲「タグ」アイコンをクリックしてノートにタグを追加することができます。「foo/bar」のようなネストしたタグを作成すると、サイドバーの「Tags」に階層化して表示されます。

S 20190309 122359

▲複数のノートを選択し、まとめてタグを追加したり削除したりといった操作も可能です。

S 20190309 122424

▲編集とプレビューを同時に表示できる分割モードもサポートしています。

S 20190309 122450

▲フォーカスモードをオンにすると、エディタ部分だけが表示されます。

各動作にはショートカットキーが割り当てられていて素早く操作可能です。

まとめ

NotableはMarkdown記法をサポートしたマルチプラットフォーム対応のノートアプリです。OneNoteやEvernoteのようなWYSIWYGエディタより、Markdownが好きな方におすすめです。

S icon タイトル Notable
公式サイト https://github.com/notable/notable
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7618-notable
説明 マルチプラットフォーム対応のMarkdownノートアプリ

スポンサーリンク