QBlocker - Command + Qで間違えて終了を防ぐことができるうっかり防止アプリ

S 2016 05 21 0 11 19

Macでアプリケーションを終了するためのショートカットキー「Command + Q」。キーボードを使って素早くアプリを終了させることができる便利なコマンドですが、終了すべきでないアプリで間違えて押してしまい、入力途中のデータを失ってしまった…という悲しい経験のある方も多いかもしれません。

そこで使ってみたいアプリが「QBlocker」です。Macのメニューバーに常駐するアプリで、起動しておくとCommand + Qの誤爆による終了を防ぐことができます。

単に誤爆を防ぐだけではなく、Command + Qの長押しで終了できるほか、通常通りCommand + Qで終了したいアプリについては除外リストを使って除外することもできるようになっています。

使用方法

この手のアプリの常として最初にアクセシビリティの権限を与える必要があります。

S 2016 05 21 0 20 22

▲QBlockerを起動し「Open System Preferences」ボタンをクリック。

S 2016 05 21 0 20 52

▲システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を選択し、「プライバシー」タブの「アクセシビリティ」を選びます。カギアイコンをクリックしてパスワードを入力した後「QBlocker.app」にチェックを入れます。

S 2016 05 21 0 21 09

▲再度QBlockerを起動し「Block Everything」を押すとブロック機能が有効になります。

S 2016 05 21 0 22 49

▲例えばSafariを開きCommand + Qを押すと上のような画面が表示され、終了するのを防ぐことができます。Command + Qをホールド(長押し)すれば終了することができます。

S 2016 05 21 0 23 40

▲またメニューバーアイコンから「Exclude Apps」を選択すると、除外したいアプリを選ぶこともできます。Command + Qで通常通り終了したいアプリがある場合、ここで指定しておくと良いでしょう。

まとめ

QBlockerはソースコードがGitHubで公開されているオープンソースアプリで、Swiftを使って作られています。SwiftによるMacアプリプログラミングに興味のある開発者にとっても参考になるのではないでしょうか(ただしライセンスは不明です)。

QBlocker http://qblocker.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7336-qblocker

スポンサーリンク