「Queue for Mac」 - 優先度付き待ち行列のデータ構造にヒントを受けたタスク管理アプリ

NewImage

「優先度付き待ち行列」とは待ち行列(キュー)を優先度付き要素として管理するデータ構造のこと。一連の要素のなかから最も優先度の高い要素を取り出して参照することができます。

Queue App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
優先度付き待ち行列のデータ構造にヒントを受けたタスク管理アプリ

「Queue for Mac」はこの考え方を取り入れたMac用のタスク管理アプリです。タスクの中でもっとも優先度の高いタスクのみがアクティブになり、一度に一つのことに集中できるように設計されているのが特徴ですProduct HuntReddit)。

普通のTODOアプリのように多数のチェックボックスに圧倒されるといった心配がないため、目のまえの仕事に淡々と取り組みたいといった方におすすめのアプリです。

使用方法

Queue for Macではタスクの塊をキューという単位で管理します。例えば「iOSアプリ開発」というキューを作成し、その下に必要なタスクを追加していきます。

S 2016 05 02 11 11 57

タスクにはタイトルのほか期限や優先度を設定することができます。タスクの並びは優先度で決まります。例えば優先度40の「アイデアを探す」というタスクが最も優先度が高い場合そのタスクがキューの先頭に移動してアクティブになります。

タスクは右側にスワイプすると完了、左側にスワイプすると削除され、完了済みタスクや、削除済みタスクは画面左端のチェックアイコンや、×アイコンをクリックすることによって確認することができます。

S 2016 05 02 11 15 28

またキューの管理はメニューバーアイコンから行います。新しいキューを追加したい場合プラスアイコンをクリックすると追加できます。またタスク同様既存のキューをスワイプして削除することもできます。

まとめ

Queue for MacはかなりシンプルなTODOアプリですが、優先度によって一度に一つのタスクのみに集中するというアイデアは興味深いものがあります。新しいタスク管理にチャレンジしてみたい方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク