ScreenFloat - 最前面ウィンドウを利用して狭いディスプレイでも効率よく作業できるMacアプリ

NewImage

普段大画面のデスクトップで作業している方がノート型のMacを使って困ることの一つにディスプレイが狭いことがあるかもしれません。最近のMacBookはRetina化が進み、見た目は大変美しくなっていますが表示領域的な意味ではそれほど広くなっていないためです。

Mission Controlを使って複数の仮想デスクトップを作成することもできますが、二つのウィンドウを同事に並べて作業するという目的のためのものではありません。

ScreenFloat App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,080
スクリーンショットを撮影し常に画面の最前面に表示して参照することができるアプリ。

今回紹介するMac用ソフト「ScreenFloat」はこの問題を解決するソフトウェアです。デスクトップをキャプチャして最前面ウィンドウとして表示することで、参照用の情報を常に画面に表示しながら作業できるようになるのです。

使用方法

ScreenFloatでは「Command + Shift + 2」でデスクトップ上の任意の領域をキャプチャしてフローティングウィンドウに変換することができます。

S 2016 06 21 23 19 22

ウィンドウは最前面に表示されるため、例えばApple公式ドキュメントをキャプチャしておき、その情報を参照しながら、Xcodeでプログラミングする、といったことが狭い画面でも無理なく実行できるのです。ポップアップウィンドウは画像情報なので文字列のコピペはアウトはできませんが、写経の場合はそのほうがむしろ良いかもしれません(?)

S 2016 06 21 23 24 35

ScreenFloatで作成したスクリーンショットは、ショットブラウザ内に保存されているので後から再利用することもできます。また標準のキャプチャ機能やタイマーキャプチャのショートカットキーを好みのキーにカスタマイズすることもできます。

まとめ

ScreenFloatは特にディスプレイの狭いノート型ブックで、何かを参照しながら作業したい場合に便利なアプリです。1000円超えの価格はちょっと高い気もしますが、公式サイトから試用版をダウンロードすることもできます。気になった方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク