Usage - Macアプリの使用時間を確認することができるメニューバーアプリ

S 20170219 113325

日々のMacアプリの使用状況を確認したい方におすすめのアプリ「Usage」。

起動しておくだけで、ユーザーが実際に動かしたアプリケーションの、動作時間を記録してくれるツールです。

どのアプリをどれだけ使用しているのか確認できれば、その日が生産的な日だったのか、暇つぶしが多かった日だったのか、一目瞭然かもしれません。

日毎の時間だけでなく、週毎、月毎の集計結果を表示することもできます。

以下使用法を説明します。

Usageの使用法

公式サイトからzipファイルをダウンロードし、中に含まれるUsage.appをアプリケーションフォルダに起動します。

起動したまま他の作業をした後メニューバーをクリックすると、アプリケーションごとの実行時間が一覧表示されます。

S 20170219 114205

▲「Show All」メニューを選択すると、より詳細な情報が表示できます(左のウィンドウ)。

左下の「+」アイコンをクリックすれば、アプリケーションをグループにまとめることができます。「仕事」や「遊び」グループに分けておくとより分かりやすいかもしれません。

右下の共有アイコンをクリックすると、データをjson/csv形式でエクスポートできます。スクリプトやスプレッドシートで活用したい場合に便利そうです。

まとめ

Usageを使用すれば、アプリごとの使用時間を簡単に測定することができます。データを書き出すこともできるので、日々の作業ログとして利用することもできそうです。

S icon タイトル Usage
公式サイト https://www.cheatsheetapp.com/Usage/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7567-usage
説明 Macアプリの使用状況を調査することができるメニューバーアプリ。

スポンサーリンク