CRTフリッカーまでWebブラウザ上で再現した「Windows 98 -- Packard Belle」

S 20200501 112830

Microsoftが1998年に公開した一般消費者向けのオペレーティングシステム「Windows 98」。大ヒットしたWindows 95の後継版で、実際に使用した経験のある方も多いかもしれません。

このWindows 98をリアルに再現したサイト「Windows 98 -- Packard Belle」が公開されています。

JavaScriptが得意なフロントエンド開発者Padraig氏によって作成されたサイトで、上記サイトのソースコードおよび、Reactで作成されたコンポーネントのライブラリ集も公開されています。

同サイトではPackard Belleで動作するWindows 98全体の様子を忠実に再現しており、以下のような特徴を持っています。

  • Windows 98のUI
  • CRTフリッカー
  • 起動・シャットダウン画面
  • デスクトップインターフェイス
  • スタートメニュー
  • リサイズ可能なウィンドウ
  • メモ帳
  • カスタム背景(Start > Settings > Control Panel)
  • メモ帳のファイルの保存
  • うっとおしいフロッピーディスのラグ

以下スクリーンショットをいくつか掲載します。

起動画面から忠実に再現

Windows 98 -- Packard Belle」にブラウザでアクセスすると起動画面が表示されます。

S 20200501 112858

▲パッカードベルは1933年にアメリカで創業しオランダに本社を置いた電気機器メーカーとのこと。

S 20200501 112904

▲しばらく待つと「Windows 98」の起動画面が表示されます。

サイトの説明等は仮想デスクトップ上のREADMEファイルに掲載されています。

S 20200501 112921

▲ファイルをクリックすると「Internet Explorer」で情報が表示されます。

S 20200501 114858

▲その他スタートメニューからMinesweeperやNotepad、Paintなどおなじみのプログラムを起動することができます。

まとめ

「Windows 98 -- Packard Belle」はWindows 98をブラウザー上でリアルに再現するサイトです。Web開発者ならばどのような仕組みを用いて再現しているのかソースコードも参考になりそうです。

スポンサーリンク