Workbench - ドットファイルをiCloudにシームレスに同期

S 20190303 173753

UNIX系のツールは名前がドットから始まる、いわゆる「ドットファイル」に設定を保存するものが多く、普段の環境を再現するためには、これらのファイルを確実にバックアップしておくことが重要になります。

本日紹介する「Workbench」は、そのように重要なドットファイルをiCloudとシームレスに同期し、バックアップ・復元することができるMac用アプリです。

現時点の機能は一台のMacを対象にしたものですが、将来的には複数のMacを対象としたファイルの同期機能の追加も計画されている模様です。

次のような特徴を持っています。

  • 1台のコンピューターで動作
  • 競合の解決は手動
  • ディレクトリの同期サポートは無し
  • ファイルのパーミッションのサポートは無し
  • リビジョン管理も無し
  • 同期先としてiCloudだけをサポート
  • 同期ファイルはホームディレクトリ以下に存在するものに限定
  • 最大ファイルサイズは1MB(CloudKitの制限)

以下、具体的な使用方法を説明します。

Workbenchの使用方法

Workbenchを使用するには、まずGitHubのリリースページから最新のzipファイルをダウンロードし、中に含まれるWorkbench.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

コピーしたWorkbench.appを実行するとメニューバーにアイコンが表示されます。

Add default files

▲同期を始めるには、メニューバーのアイコンをクリックし、右下に表示される「+」ボタンをクリックします。
「Add Default Files」を選択すると.gitignoreなどサポートされている標準のドットファイル群が自動的に追加されます。それ以外のファイルも「Add File」から追加可能です。

S 20190303 174158

▲同期中のファイルは緑のアイコンで表示されます。不要なファイルは右クリックして表示されるメニューから「Remove From iCloud」を選択すれば削除することができます。

S 20190303 175439

▲同期中のファイルをローカルから削除すると「×」アイコンが表示されます。「Download」ボタンをクリックするとiCloudからファイルをダウンロードして復元することができます。

まとめ

Workbenchはシンプルなドットファイルのバックアップ・復元ツールです。作者のMax Howell(mxcl)氏は、Hombrewの作者としても知られていて、オープンソース活動を継続するための寄付を募っています。アプリが気に入った方はこちらから資金援助してみると良いかもしれません。

S icon タイトル Workbench
公式サイト https://github.com/mxcl/Workbench
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7617-workbench
説明 iCloudを利用したドットファイルのバックアップ・復元ツール。

スポンサーリンク