Writing - Webブラウザで動作するMarkdown/LaTeX記法をサポートした軽量テキストエディタ

S 20171023 104048

Webブラウザの発展にともない、最近ではさまざまなアプリがWebブラウザ上で動作可能となっています。本日紹介する「Writing」もそのような、Webブラウザ上で動作するアプリの一つです。

画面分割式のプレビューモードを搭載したテキストエディタで、Markdown記法や、LaTeX / MathJaxの数式記法をサポートしています。入力した内容は、CTRL+Sで保存できるほか、CTRL+PによってPDFとして保存することも可能です。

作者は既存の「StackEdit」のようなオンラインエディタではなく、独自のエディタを開発した理由として、LaTeX / MathJaxがサポートされていないことや、1秒程度の遅延が存在すること、プレビューがなめらかでないこと、ミニマルなインターフェイスが採用されていないことなどをあげています。

以下使用方法を説明します。

Writingの使用方法

Writingは全てクライアントコードで構成されていて、リポジトリをローカルに「git clone」し、index.htmlファイルをブラウザで開けば使用することができます。

またはライブバージョンを使用することもできます。

Usage

初期状態では左側のペインがエディタ部、右側がプレビュー部となっています。エディタ部にMarkdown形式で入力していけば、段落や箇条書きなどがリアルタイムでプレビュー部に反映されていきます。

キーバインドは以下の通りです。

  • CTRL+D: ディスプレイモードの変更
  • CTRL+P: 印刷またはPDFとしてエクスポート
  • CTRL+S: ソースコードをMDファイルとして保存
  • CTRL+SHIFT+S: MDファイルを開く
S 20171023 104142

MathJaxの数式は「$$」や「$$$$」の内部に記述して、CTRL+SHIFT+Lでプレビューを切り替えられます。

まとめ

Writingは軽量なWebブラウザ上で動作するテキストエディタです。オンラインで利用できるだけではなく、ソースコードも公開されていてオフラインで使用することも可能です。手軽に利用できるMarkdownエディタとして活用できそうです。

スポンサーリンク