Zazu - オープンソースのAlfred風アプリケーションランチャー

S 20170216 113843

Mac用のアプリケーションランチャー「Alfred」。多機能で使いやすく、Macユーザーの間では定番のランチャーアプリとして知られています。

本日紹介する「Zazu」は、このAlfredのオープンソース版となるべく開発が行われているランチャーアプリです。

マルチプラットフォームのフレームワークElectronを使って作られているため、macOSの他WindowsやLinux環境でも利用できるという利点のほか、プラグインシステムを採用し、ユーザーが独自に便利な機能を追加しやすいという特徴を持ちます。

以下このZazuの使い方を説明していきたいと思います。

Zazuの使用方法

GitHubのリリースページから最新の実行ファイルをダウンロードします。Macの場合*.dmgファイルをダウンロードし、Zazu.appファイルをアプリケーションフォルダにコピーします。

Zazu.appを実行するとメニューバーにアイコンが表示れます。

S 20170216 115147

メニューバーのアイコンをクリックし「Toggle Zazu」を選ぶか、Alt+Spaceキーで上記のような画面を表示することができます。

標準では計算機能やファイルファインダー機能、システムコマンドの呼び出し機能などが利用可能です。

S 20170216 113843

▲例えば「photo」と入力すると該当するファイルが一覧表示され、矢印キーで選んでエンターキーで起動することができます。

S 20170216 120006

▲また計算式を入力すると結果がリアルタイムに表示されます。エンターキーを押すとクリップボードにコピーされます。

Alfredにも存在する機能なので、Alfredユーザーならば馴染みやすいと思います。

Zazuの設定ファイル

Zazuの設定ファイルは~/.zazurc.jsonファイルとなっています。

{
  "hotkey": "alt+space",
  "theme": "tinytacoteam/zazu-light-theme",
  "displayOn": "detect",
  "plugins": [
    "tinytacoteam/zazu-calculator",
    "tinytacoteam/zazu-file-finder",
    "tinytacoteam/zazu-template",
    "tinytacoteam/zazu-system",
    "tinytacoteam/zazu-package-manager",
    {
      "name": "tinytacoteam/zazu-fallback",
      "variables": {
        "rootSearches": [
          "google"
        ]
      }
    },
    {
      "name": "tinytacoteam/zazu-clipboard",
      "variables": {
        "ClipboardKey": "cmd+shift+v"
      }
    },
    "avaly/zazu-currency-convertor"
  ]
}

起動のショートカットキーを変更したりテーマを変更したりできます。

プラグインを追加でインストールしたい場合、zazu-package-managerの機能を利用して(デフォルトで有効になっています)「install プラグイン名」でインストールした方が簡単です。

各プラグインのそれぞれの機能の詳細はPluginsページで紹介されています。

まとめ

Zazuは多機能なオープンソースのランチャーアプリです。完成度では現在のところAlfredの方が優れていると思いますが、マルチプラットフォーム環境で利用したい方、オープンソースソフトが良いと言う方は試してみる価値はあると思います。

S icon タイトル Zazu
公式サイト http://zazuapp.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7562-zazu
説明 Electronで作られたオープンソースのアプリケーションランチャー。

スポンサーリンク