【1/23まで】Kindleストアで「未来の年表 合本版」などが対象の【冬☆電書2020】合本フェア第4弾が開催中

Pexels photo

AmazonのKindleストアでは現在、講談社の電子書籍36タイトルを対象とした「【冬☆電書2020】合本フェア第4弾」セールが本日23日までの期間限定で開催中です。

複数の書籍をまとめた「合本」が30%オフとなるセールです。

以下気になる電子書籍をご紹介。

未来の年表 合本版 (講談社現代新書)
河合雅司(著) / 講談社(2018-11-30)
価格:¥1,040 (記事公開時)
日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。

知ってはいけない 合本版 (講談社現代新書)
矢部宏治(著) / 講談社(2018-11-30)
価格:¥1,117 (記事公開時)
第二次大戦のあと、日本と同じくアメリカとの軍事同盟のもとで主権を失っていたドイツやイタリア、台湾、フィリピン、タイ、パキスタン、多くの中南米諸国、そしていま、ついに韓国までもがそのくびきから脱し、正常な主権国家への道を歩み始めているにもかかわらず、日本の「戦後」だけがいつまでも続く理由とは? 10万部を突破したベストセラー『知ってはいけない』の著者が、「戦後日本の“最後の謎”」に挑む!

新版 平家物語 全訳注 全四冊合本版 (講談社学術文庫)
(著) / 杉本圭三郎(翻訳) / 講談社(2017-08-18)
価格:¥5,313 (記事公開時)
「おごれる人も久しからず」――12世紀末、平家はたちまちに権力の座に就くものの専横から反発を招き、東国の源氏勢によって急速に滅ぼされる。この平家一門の栄華と滅亡を物語った『平家物語』は、日本史上もっともあざやかな転換期の全容を語る叙事詩であり、民族的遺産といえるものである。かつて刊行された講談社学術文庫版全12巻をまとめ、新版として刊行。年表、地図、系図を併録。

デジタルオリジナル合本『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』
見城徹(著) / 講談社(2013-06-28)
価格:¥616 (記事公開時)
■『憂鬱でなければ、仕事じゃない』見城徹と藤田晋―。ふたつの魂が交錯した瞬間、とてつもないビジネスマンの聖書が誕生した! あなたの臓腑をえぐる35の言葉。■『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』働く上での精神的心構えを熱く説いた前作から、さらにパワーアップ。見城氏による35の至言を藤田氏が紐解きながら読者に提示していきます。

イザベラ・バードの日本紀行 合本版 (講談社学術文庫)
イザベラ・バード(著) / 時岡敬子(翻訳) / 講談社(2014-09-26)
価格:¥2,118 (記事公開時)
1878年、イギリスの女性旅行作家が、欧米人未踏の内陸ルートで東京―函館間を旅した見聞録。世界を旅した大旅行家の冷徹な眼を通じ、維新後間もない北海道・東北の文化と自然を活写。京都・奈良・伊勢など関西方面への旅も収載した、原典初版本の完訳。※この電子書籍は、2008年に講談社学術文庫として刊行されました、『イザベラ・バードの日本紀行 (上)』『イザベラ・バードの日本紀行 

人口減少社会にある日本の未来を予測した「未来の年表」をまとめた「未来の年表 合本版」や、日本の「戦後」だけがいつまでも続く理由を解き明かす「知ってはいけない 合本版」。

平家一門の栄華と滅亡を物語った『平家物語』をまとめた「新版 平家物語 全訳注 全四冊合本版」や、見城氏による35の至言を藤田氏が紐解きながら読者に提示する「デジタルオリジナル合本『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』」。

1878年、イギリスの女性旅行作家が、欧米人未踏の内陸ルートで東京―函館間を旅した見聞録の「イザベラ・バードの日本紀行 合本版」。

本日は木曜日ということで「幻冬舎のコミックエッセイフェア」などいくつかのセールが終了します。以下のリンクでも紹介していますのでお早めにどうぞ。

開催中のその他セール

現在Kindleストアでは以下のセールも開催されています。

AmazonのKindleストアでは現在、幻冬舎の電子書籍115冊を対象とした「幻冬舎のコミックエッセイフェア」が1月23日までの期間限定で開催中です。 幻冬舎のコミ
AmazonのKindleストアでは現在、フクモトプロの電子書籍69冊を対象とした「映画「カイジ ファイナルゲーム」公開記念全点フェア」が1月23日までの期間限定で開催中で
AmazonのKindleストアでは現在、各社の電子書籍811冊を対象とした「【40%OFF以上】社会・政治関連本フェア」が1月23日までの期間限定で開催中です。 カ
AmazonのKindleストアでは現在、カドカワの電子書籍354冊を対象とした「明智光秀&戦国 日本の歴史フェア」が1月23日までの期間限定で開催中です。 セールでは今注目
AmazonのKindleストアでは現在、講談社の電子書籍68冊を対象とした「【冬☆電書2020】英語本フェア」が1月23日までの期間限定で開催中です。 英語の入門書から、リ
AmazonのKindleストアでは現在、講談社の電子書籍23冊を対象とした「【冬☆電書2020】上巻100円フェア第4弾」が1月23日までの期間限定で開催されています。 上
AmazonのKindleストアでは現在、SBクリエイティブの電子書籍338冊を対象とした「【400円均一】SB新書リニューアル 4周年」セールが1月30日までの期間限定で開催
AmazonのKindleストアでは現在、幻冬舎の電子書籍317冊を対象とした「【199円均一】おすすめ実用書300冊以上」セールが1月30日までの期間限定で開催中です。 幻
AmazonのKindleストアでは現在、各社の電子書籍300冊を対象とした「第6回 チチカカコヘ  6社編集長が本気で推す「学び直しの教養」フェア」が1月30日までの期間限定
AmazonのKindleストアで2020年1月分の「Kindle月替わりセール」が始まりました。 Kindleの月替わりセールは、文学から実用書、技術書、コミックまで幅広い
AmazonのKindleストアでは現在、講談社の電子書籍92冊を対象とした「【冬☆電書2020】サスペンス大作『AI崩壊』 公開記念! SF・ファンタジーフェア」が2月6日ま

セール情報を自動で紹介する「Kindleセールアンテナ」も運用中です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク