容量無制限のファイル同期ソフト「AeroFS」もキター!!

AeroFS

先日、BitTorrent Syncというファイル同期ソフトを紹介しました。「AeroFS」も同じタイプのファイル同期ソフトです。

すなわち、同期速度がクラウドに依存しないため高速、データをクラウドに保存しないので安全、容量無制限、といった特徴を持っています。

クライアントソフトも、Mac / Windows / Linux / Androidに対応。これは期待できるかも?ということで、早速インストールして使ってみました。

インストール

まずユーザー登録が必要です。といっても必要な情報はメールアドレス、アカウント名、名前ぐらいなのでお気楽に。ユーザー登録が完了すると、同期ソフトがダウンロードできます。

AeroFS Installer
Macの場合AeroFSInstall.dmgをダウンロードし、中身をApplicationsフォルダにコピーするだけ。

AeroFS 1

AeroFS.appを起動すると、この画面に。ユーザー登録時に使用したメールアドレスとパスワードを入力します。これで完了。

AeroFS  AeroFS

この後、簡単な使用方法が表示されます。ホームディレクトリにAeroFSというフォルダが作られ、このフォルダ以下のファイルが同期されるタイプです。Dropboxなんかと同じなのでわかりやすいとおもいます。

スクリーンショット 2013 05 13 11 32 32

メニューバーで動作状況は確認できます。

同期してみよう

2台目のMacにもAeroFSをインストールし、AeroFSフォルダにファイルをコピーしてみました。

スクリーンショット 2013 05 13 11 39 42

Uploading 1 file」と表示され、即座に同期が始まります(メニューバーのアイコンもうねります)。同期が終わったときは通知も表示されます。体感ですが結構高速に同期できました。

まとめ

AeroFSはユーザー登録して、メールアドレスとパスワードでログインするだけで同期環境がセットアップできるので、BitTorrent Syncよりもこちらのほうがなじみやすい人が多いかもしれません。ちょっと試した感じ速度も問題なしです。

AeroFS 2

チームや組織で使用する場合、月額料金がかかる可能性があるので、そこだけが問題でしょうか。

マイクロソフトのWindows Live Meshがサービス停止して困っていましたが、同種のソフトが結構リリースされてきました。いろいろ試してみてピッタリ来るソフトを探してみることをおすすめします。

スポンサーリンク