アルゴリズムによる記事の生成は実用段階?

アルゴリズムによる記事の生成と聞くと非現実的な感じですが、米国のジャーナリズム業界で実用化されじわじわ勢力を増しているとか(記者はもう要らない?データから記事を自動作成、米報道の最前線 写真3枚 国際ニュース : AFPBB News)。

もちろん無から有を作り出しているわけではなく、ある程度生データに構造があるときに使える手法のようです。例えばスポーツの試合結果や、企業の業績報告などから人間が読める形の記事を生成するのに使われているそうで、まあ確かにこの種のニュース報道はテンプレート的に作りやすいのかも。

「次世代のコンテンツ生成」と呼ばれるシステムではローカル紙の調子に合わせて記事の内容を作り替えることもできるそうで驚きます。アルゴリズムは記者より優れた記事を書けるだろうか?でも指摘されていたように、アルゴリズム記事がピューリッツァー賞を受賞する時代がくるのかもしれません。

スポンサーリンク