多数の新機能を搭載した「Alfred v4」が6月に登場

S 20190520 85503

Mac用の人気ランチャーアプリ「Alfred」のメジャーバージョンアップ版「Alfred v4」が6月に公開予定であることがわかりました。

5月3日に投稿された公式ブログの情報によると、新バージョンは人数を限定したベータテスターによって検証が開始しており、6月の一般公開にむけて準備が進められている段階とのことです。

Alfred v4は2019年以降にPowerpack購入したユーザーや、永久ライセンスを所有するMega Supporterは無料でアップグレード可能で、それ以外のPowerpackユーザーに対しても割引アップグレードが提供されます。

Alfred v4の主な新機能は以下の通りです。

  • AlfredまたはAlfredの設定内からのユビキタスな内部設定検索
  • 多数の新規・更新されたWorkflowオブジェクト、および条件付き分岐を含む接続
  • Workflowデバッガの刷新。ワークフローの同時デバッグとワークフローオブジェクトへのクリック可能なリンクを搭載
  • リッチテキスト、自動展開スニペット
  • 完全なダークモード互換。新しくて使いやすいテーマエディタ
  • 刷新されモダンになった設定
  • カスタムWeb検索を簡単に設定するためのOpen Searchの統合
  • 動的ソートと検索が設定可能なファイルナビゲーション
  • その多多数の追加や改良

最近はMac標準のSpotlightの機能も強化されていますが、Alfredの特徴であるWorkflowを初めとした各種機能がさらにパワーアップすることになりそうです。

スポンサーリンク