6年ぶりの新たな安定版「Apache 2.4.1」がリリース

Apache Software Foundationより、WebサーバーApacheの6年ぶりの新しい安定版、2.4.1がリリースされました(公式blog日本Apacheユーザー会SOURCEFORGE.JP Magazine)。

日本Apacheユーザー会によると2.4.1の新機能は次の通り。

  • 複数の MPM を動的に読み込み可能に
  • OCSP (オンライン証明書状態プロトコル) のサポートの大幅な強化
  • スクリプト言語 Lua を組み込むモジュール (mod_lua)
  • 動的なリバースプロキシの設定
  • 認証、認可の改良
  • FastCGI プロキシ
  • 新しい Expression (式) のパーサ
  • 小さなデータオブジェクトをキャッシュする API の追加

あと、KeepAliveTimeoutがミリセカンドまで指定可能になったり、NameVirtualHostが廃止になったりしています。
実運用しているサーバーを急に変更するのは危険なので、実験環境でいろいろ試してみたいと思います。

スポンサーリンク