Apple、アプリ開発者が連絡先データを収集・共有・販売することを禁止

Pexels photo 326576

Bloombergによると、AppleがApp Storeのポリシーを変更し、開発者がアプリを利用してユーザーの連絡先データを不正に収集することを禁止したことがわかりました(9to5Mac)。

これまで開発者は、iOSやAndroidでユーザーの連絡先情報を収集し、マーケティングや共有・販売などの目的で利用し、利益を得ることができましたが、今後はこれが禁止されることになります。

現在すでにmacOSやiOSでアプリが連絡先のデータにアクセスする場合、ユーザーの許可を得ることが必要ですが、一端許可を得たあとそのデータをどのように利用するかまでは制限されていませんでした。今後はこの許可を取得したあとの利用目的が一つのことだけに制限され、他の目的に利用する場合、再度ユーザーの同意を得る必要があると変更される模様です。

Sharing and selling that database with third parties is also now forbidden. And an app can’t get a user’s contact list, say it’s being used for one thing, and then use it for something else — unless the developer gets consent again. Anyone caught breaking the rules may be banned.

データベースを第三者と共有して販売することも禁止される。許可を得た用途以外に、後で別の目的のために使用するためには、開発者が再度同意を得ない限り、アプリは連絡先データを取得できない。ルールを破った者は追放されるかもしれない。

アプリが既に連絡先データを取得してしまった場合は、対応できませんがiOSの場合「設定 > プライバシー > 連絡先」から、連絡先情報へのアクセスを無効にすることは可能です。

スポンサーリンク