AppleがApp Storeのレビュープロセスを更新

S 20200901 202940

Appleは8月31日(現地時間)、App Storeに提出されるアプリのレビュープロセスを更新したことを発表しました。

開発者向けのニュース記事「App Review process updates」には以下のような内容が掲載されています。

For apps that are already on the App Store, bug fixes will no longer be delayed over guideline violations except for those related to legal issues. You’ll instead be able to address guideline violations in your next submission. And now, in addition to appealing decisions about whether an app violates guidelines, you can suggest changes to the guidelines. We also encourage you to submit your App Store and Apple development platform suggestions so we can continue to improve experiences for the developer community.

以下の二つの変更が行われます。

  • App Storeにすでに登録されているアプリに関して、法的問題に関する場合を除き、ガイドラインの違反を理由にしてバグの修正が遅れることはない。
  • 開発者側からのガイドライン変更の提案が可能となる

App Storeではここ数ヶ月の間に、メールアプリ「Hey」の拒否問題や、Epic Gamesとの法的な争いなど、注目すべき論争がいくつか巻き起こりました。このため米国の規制当局はApp Storeの手数料や、アプリ配信の独占的なコントロールに関するAppleのポリシー変更にも目を光らせていると見込まれています。

スポンサーリンク