Apple、App Transport Security(ATS)の必須化を延期

S 20161223 112840

iOS 9で導入されたアプリのHTTPS通信を推奨するApp Transport Security(ATS)。Appleは6月に、2016年の終わりからhttps通信が必須となる、と発表していましたが、今回この計画が延期となることがわかりました(開発者向けニュース9to5Mac)。

Appleのサイトには以下のような情報が掲載されています。

App Transport Security (ATS), introduced in iOS 9 and OS X v10.11, improves user security and privacy by requiring apps to use secure network connections over HTTPS. At WWDC 2016 we announced that apps submitted to the App Store will be required to support ATS at the end of the year. To give you additional time to prepare, this deadline has been extended and we will provide another update when a new deadline is confirmed. Learn more about ATS.

iOS 9およびOS X v10.11で導入されたApp Transport Security(ATS)は、アプリケーションにHTTPS経由で安全なネットワーク接続を使用させることで、ユーザーのセキュリティとプライバシーを向上させます。 WWDC 2016では、App Storeに提出されたアプリは、年末にATSサポートが必須になると発表しました。 準備期間をさらに延ばすためにこの期限が延長されました。締め切りが確定した場合、あらたな更新が提供されます。 ATSの詳細をご覧ください。

延期となった理由や、新たな締め切りはまだ発表されていません。

基本的にiOSアプリからhttp接続ができなくなるこの変更によって、既存の多くのアプリが影響を受けると予想されていました。アプリ開発者の方は今回の猶予時間を生かしてATS対応を進めておくとよさそうです。

スポンサーリンク