Apple、開発者に対し「サブスクリプションコード」の提供を通知

S 20200903 114003

Appleは本日、開発者に対して「Get ready for subscription offer codes」と題した記事を公開し、今年後半に、自動更新可能な月額プランを割り引き価格、または無料で提供することができる「サブスクリプションコード」を導入する予定であることを発表しました(MacRumors)。

Later this year, you’ll be able to acquire, retain, and win back subscribers with subscription offer codes: unique, alphanumeric codes that provide free or discounted prices for auto-renewable subscriptions. Provide your one-time use codes digitally or offline at physical events, alongside products, and more. Customers on iOS 14 and iPadOS 14 and later can redeem offer codes on the App Store, through a one-time code redemption URL, or within your app if you’ve implemented the presentCodeRedemptionSheet API.

開発者は、1回限りの利用コードを、デジタルまたはオフラインで物理的なイベントや商品と一緒に提供することが可能となります。

iOS 14、iPadOS 14以降を使用しているユーザーは、App Storeやワインタイムコードの引き換えURL、presentCodeRedemptionSheet APIを実装している場合はアプリ内で、オファーコードを引き換えることが可能です。開発者向けのより詳細な情報はこちらで確認可能です。

スポンサーリンク