Apple、ユニバーサル購入とカテゴリの再編を発表

S 20200206 202955

Appleは2月5日(現地時間)、開発者向けサイトに「Updates to Universal Purchase and App Store Categories」と題した記事を公開し、2020年3月からアプリの「ユニバーサル購入」が可能になるとともに、ストアのカテゴリを再編することを発表しました(MacRumors)。

ユニバーサル購入では、開発者はiOS、iPadOS、macOS、tvOS版のアプリをまとめて配布可能になり、ユーザーは一度購入するだけでプラットフォームをまたいでアプリを使用したりアプリ内課金を利用することができるようになります。

開発者はApp Store Connectの単一のアプリレコードを利用して、ユニバーサル購入用の新しいアプリを作成するか、既存のアプリにプラットフォームを追加するかを選ぶ事が出来ます。ユニバーサル購入は、Xcode 11.4のベータ版と単一のバンドルIDを利用して始めることができます。

MacRumorsによると、Xcode 11.4を用いて作成したMac Catalystアプリは、ユニバーサル購入がデフォルトで有効になっていて、iOSアプリと同じバンドル識別子を使用するとのこと。

またApp StoreとMac App Storeのカテゴリの統一のため以下のような変更が行われます。

  • iOS App Store: 「開発ツール」と「グラフィックとデザイン」が追加
  • Mac App Store: 「ブック」「フードとドリンク」「雑誌と新聞」「ナビゲーション「ショッピング」が追加
  • Mac App Store: 「写真」と「ビデオ」は「写真とビデオ」に統合
  • Mac App Store: 「子ども向け」が「ゲーム」のサブカテゴリではなくなる

スポンサーリンク