Apple、WordPressアプリに対し何も販売していないのにアプリ内課金を実装するよう要求していた

Wordpressplans

iOS版WordPressアプリの更新が止まっていたのは、AppleがWordPress側に、.comプランのアプリ内購入オプションを実装するよう要求していたことが理由だったことがわかりました(MacRumors)。

WordPress開発者のMatt Mullenweg氏によると、WordPressのiOSアプリは「ロックされていた」とのこと。アップデートやバグ修正をプッシュするために、アプリ内購入プランのサポートを追加することに同意を求められていたようです。

WordPress.comは、ホスティングのための有料プランを提供していますが、WordPressプラットフォームとは別物です。WordPressアプリはオープンソースで、WordPress.comのサイトを作成したり、WordPressを使用するセルフホスティングサイトを追加したりすることはできますが、アプリ内からWordPress.comの有料機能を設定する方法はありません。

またWordPressのiOS版アプリは何年も前からApp Storeで提供されており、なぜAppleが現時点でWordPress.comの購入プランに対し、アプリ内購入サポートを要求することにしたのかは明らかではありません。

Apple側の勘違いだったとしても、Epic Gamesが「Fortnite」削除を巡る訴訟を起こしているなか、悪いタイミングで発生した問題だといえそうです。

スポンサーリンク