「Atom 1.5.0」がリリース - ブロック装飾をサポートした「Atom 1.6.0 beta0」も同時リリース

S 2016 02 10 23 22 30

Atom開発チームは2月9日、テキストエディタ「Atom」の最新版1.5.0をリリースしました。AtomはMac / Linux / Windowsに対応したマルチプラットフォームのテキストエディタで、最新版を公式トップページやGitHubのリリースページからダウンロードすることができます。

バージョン1.5.0では、CJK softwrap(日本語などの折り返し)の改良やマーカーインデックスのパフォーマンスの改善が行われ、OS X環境では新しいウィンドウを下方向にカスケード表示する機能が追加されています。

また自動更新機能を無効化する設定の追加や、release-noteパッケージの削除、ホームディレクトリにgit repoが含まれる場合に生じていたパフォーマンス問題も解決されています。

Atom 1.6.0 beta0も

NewImage

同時に次期ベータ版として1.6.0-beta0が公開されています。こちらは念願のBlock Decorations(ブロック装飾)や、Multi-pane API、Top/Bottom bars APIをはじめとした各種の試験的なAPIが導入されており、パッケージ制作者がより柔軟にAtomをカスタマイズすることが可能となっています。

これら機能の詳細は公式ブログで解説されていますので、気になる方はそちらを参照することをお勧めします(Hacker News)。

スポンサーリンク