7月1日にmacOS全バージョンで「どこでもMy Mac」が終了

S 20190601 100056

2019年7月1日を持って、Appleの「どこでもMy Mac(Back to My Mac)」サービスがmacOSの全バージョンで利用できなくなることがわかりました(MacRumors)。

現在、英語版の公式サポートページには、以下のような案内が掲載されています。

As of July 1, 2019, Back to My Mac service will no longer be available in any version of macOS. You can use these alternatives for file access, screen sharing, and remote desktop access.

2019年7月1日現在、Back to My MacサービスはmacOSのどのバージョンでも利用できなくなります。 ファイルアクセス、画面共有、リモートデスクトップアクセスには以下の代替手段が使用できます。

なおmacOS Mojaveは最初の開発者向けベータ版以来同機能は搭載されておらず、Appleも2018年8月にサービスを終了する計画があることを明らかにしていました。

「どこでもMy Mac」は離れた場所にあるMacを別のMacから操作することができるiCloudの機能で、ファイル共有や画面共有が可能でした。便利な機能ですが、廃止されるということはそこまで需要がなかったということかもしれません。

スポンサーリンク