世界最悪のプログラミング言語「BANCStar」とは

Screen

世界最悪のプログラミング言語「BANCStar」が話題になっています(GitHubの解説、HackerNews本の虫)。

最悪である理由は、数字とカンマとマイナス記号だけでソースコードが構成され、コメントも許されていないという、暗号的なソースコードにあります。以下の図はソースコードを理解するために書き込まれた手書きのコメントですが、数字の羅列から理解できるプログラムコードに(脳内で)変換する作業がとても大変だったことが分かります。

NewImage

このようなプログラムがアメリカの銀行で1991年ごろ実際につかわれていたというところが恐ろしいですね。実際はツールによって生成される、内部的なコード形式らしいですがツールのデキが悪く手作業で内部形式をコーディングする羽目におちいっていたようです(ありがち)。

スポンサーリンク