Bash 5.0がリリース - 新しいシェル変数の追加や多数の不具合の修正

S 20190115 101231

Bash開発プロジェクトのChet Ramey氏は1月7日、メーリングリストでBashの最新版「Bash 5.0」をリリースしたことを発表しました(PhoronixIt's FOSS)。

最新版のソースコードは以下のURLから入手することができます。

Bash 5.0では、Bash 4.4のさまざまな不具合が修正されているとともに、新しいシェル変数の追加や、POSIX仕様への適合性を高めるためのさまざまな変更が行われています。

主な新機能は以下の通りです。

  • BASH_ARGV0変数の導入。$0と同様にシェルやシェルスクリプトの名前に展開される。
  • EPOCHSECONDSの導入。Unix Epochからの秒数。
  • EPOCHREALTIMEの導入。EPOCHSECONDSと似ているがマイクロ秒の精度を持つ浮動小数。
  • Bash履歴から特定の範囲を削除可能に
  • globasciirangesオプションがデフォルトで有効に。パターンマッチの範囲比較の動作が変更。
  • その他多数の不具合の修正。

新機能の詳細はリリースアナウンスCHANGESで確認可能です。

スポンサーリンク