Microsoft、Silverlightを置き換える「Blazor WebAssembly」の正式版を公開

Microsoft Blazor WebAssemby Silverlight

MicrosoftのSilverlightは2021年10月12日にサポートが終了する予定です。サポートされているブラウザもInternet Explorer 11のみで、積極的な開発は行われていない状態ですが、この代替となる新たなフレームワーク「Blazor WebAssembly」の正式版が公開されました(ASP.NET Blog)。

Blazor WebAssemblyでは、開発者はJavaScriptではなくC#を使ってWebアプリケーションを作成することができます。Blazorアプリは、C#、HTML、CSSを使用して実装された再利用可能なWeb UIコンポーネントで構成されており、クライアントとサーバーのコードは両方ともC#で書かれているため、開発者はコードやライブラリを共有することができるのです。

またBlazorはオープンなWeb標準を使用しているため、モバイルブラウザを含むすべての最新のWebブラウザで動作するという利点もあります。

サンプルの実行

Blazor WebAssemblyを始める方法は簡単で、まず公式サイトにアクセスして.NET Core SDK(3.1.300移行)をインストールします。

次にコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

dotnet new blazorwasm -o BlazorApp1
cd BlazorApp1
dotnet run

その後https://localhost:5001にアクセスするとデモアプリにアクセスすることが可能です。

本格的な開発を行う場合以下のような環境が推奨されています。

Blazor WebAssemblyは今後.NET 5への対応作業が行われ、来月にはプレビュー版が公開される予定です。

スポンサーリンク