Chromeのキャッシュを無効にできる拡張機能「Cache Killer」が便利かも

CacheKiller

ブラウザのキャッシュ機能はWebサイトの読み込み速度を高速化したり、通信量を節約するためのとても重要な機能ですが、ときに煩わしく思うこともあります。Web関連の開発者なら「ファイルを変更したはずなのにキャッシュのせいで変わってないし!!」と叫んでしまったことは一度や二度はあるでしょう。

Cache Killer」はそんなときに使いたいChromeの拡張機能です。キャッシュの有効、無効をボタンクリックで簡単に切り替えることができます。Cache Killerを有効化するとページ読み込み前にキャッシュをクリアしてくれるようになるので、確実に最新のコンテンツを表示することができます(Ghacks)。

使ってみよう

緑アイコンがキャッシュクリアが有効な状態。赤アイコンが無効状態(キャッシュクリアしない=通常のブラウザ動作)となっています。ちょっと分かりにくいですがアイコンにマウスオーバーすると「Cache Killer enabled / disabled」と表示されるのでそれで確認することもできます。

Cache Killer  Options

オプション設定で起動時に有効にすることも可能です。「Enable on start」にチェックを入れて起動すると緑アイコン状態で起動します。

常に確実に最新コンテンツを読み込みたい時は緑アイコン状態で作業するとよいでしょう。

まとめ

Google

実はChromeのDevToolsの設定で同様の事は可能ですが、「Cache Killer」のほうがより簡単で分かりやすいので価値はあると思います。Web開発者じゃなくても、WordPressのテーマをちょっといじってみたりするときに便利に使えそうな拡張機能です。

スポンサーリンク