Calibre 3.0がリリース - オープンソースの電子書籍管理ソフトが高解像度ディスプレイに対応

S 20170618 93103

オープンソースの電子書籍管理ソフト「Calibre」の最新版v3.0が16日にリリースされました(gHacks)。現在、Windows/macOS/Linuxの実行ファイルを公式サイトからダウンロードすることができます。

v3.0の新機能としてはまず、新しくなったContent server機能が上げられています。

Content server機能は、Calibreの「接続/共有」メニューから実行可能で、他のブラウザからhttp:/localhost:8080を開くことで、Calibreの電子書籍ライブラリにアクセスすることができる機能です。

S 20170618 93207

ライブラリに含まれる、電子書籍はブラウザ上で閲覧したりダウンロードしたりすることができます。詳細はユーザーマニュアルで確認可能です。

また高解像度スクリーン(Retina)へのネイティブ対応や、新しいアイコンテーマ、デフォルトの新アイコンセットへの変更、Microsoft Word(docx)への変換機能などが追加されています。

Pc タイトル calibre
公式サイト http://calibre-ebook.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6763-calibre
説明 オープンソースの電子書籍管理ソフト。各種書籍フォーマットの変換もサポート。

スポンサーリンク