「Chrome 50」安定版がリリース - プッシュ通知の信頼性の向上、プリロード、20件のセキュリティ修正

S 2016 04 14 10 12 39

米Googleは13日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 50」を公開しました(Chrome Releases9to5GooglePhoronix)。Chromeの自動更新機能、または「Chrome > Chromeについて」メニューから最新版に更新することができます。

Chrome 50.0.2661.75では深刻度"High"を含む20件のセキュリティ修正が行われており、詳細はChromium Securityページで確認することができます。

現在ブログには新機能の一覧は掲載されていませんが、Chrome 50 ベータ版では、プッシュ通知の改善や、宣言型プリロードといった新機能が導入されていることが知られています。

プッシュ通知の初期バージョンは、サーバーからの通知に対し、Service Workerが情報を取得する必要がありましたが、通知データにペイロードを含むことができるようになりサーバーへの確認が不要となっています。またサイトでユーザーが通知をクローズしたことを検出できるようにも改善されています。

宣言型プリロードは、サイズの大きなJavaScriptファイルや、CSSファイルをあらかじめダウンロードするよう宣言することでサイトの表示速度を改善できる機能とされています。

▲宣言型プリロードの効果を確認できる動画が公開されています。

Chrome https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable

スポンサーリンク