「Chrome 51」安定版がリリース - Credential Management APIが改善

S 2016 05 26 10 35 33

米Googleは5月25日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 51」を公開しました(Chrome ReleasesPhoronix9to5Google)。ChromeはWindows/Mac/Linuxに対応した無料ソフトウェアで、Chromeの自動更新機能、または「Chrome > Chromeについて」メニューから最新版に更新することができます。

Chrome 51.0.2704.63 深刻度Highを含む42件のセキュリティ修正が行われていて、詳細はChromium Securityページで確認することができます。

現在ブログには新機能の一覧は掲載されていませんが、ベータ版での変更内容により、Credential Management APIのサポートや、オフスクリーンレンダリングのオーバーヘッドの低減、ServiceWorkerの実装の改良、HTML5キャンバスのサポートの強化、Android版Chromeのメディア拡張などの変更が行われていることが判明しています。

なお変更点の紹介はChrome / Chromiumブログで公開される予定となっています。

Chrome https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable

スポンサーリンク