Google、「Chrome 53」で劇的なバッテリー持続時間の改善が行われた事を明らかにする

S 20160907 102958

先日リリースされたChromeの最新安定版「Chrome 53」で、高速化とともにバッテリー持続時間の大幅な改良が行われていたことが、Chrome Blogの記事「Chrome: Faster and more battery-friendly」により明らかとなりました(MSPoweruser9to5Mac)。

GoogleによるとChromeは昨年から今年にかけて、スピードおよびバッテリーの面で2桁の改善がおこなわれているとのこと。Speedometerのようなツールを使用した測定では、前年比15%の高速化がデスクトップ版およびAndroid版で達成されています。

またバッテリー持続時間でも大きな改良が加えられていて、Windows版のChrome 53ではVimeoのHD動画を2時間12分長く閲覧できるようになっています(対Chrome 46比)。

もちろん動画閲覧時だけではなく、Intel Power Gadgetのような測定ツールを使用しても効果は確認可能で、例えばChrome for Macでは33%もの消費電力の減少が確認できるそうです。

バッテリー大食らいのブラウザとして他のブラウザから比較対象に挙げられることの多かった「Chrome」ですが、今後このような状況も変わっていくかもしれません。

スポンサーリンク