【要注意】9月リリース予定のChrome 53以降、Flashの無慈悲なブロックが開始

S 2016 08 10 23 35 37

Googleは8月9日(現地時間)、公式ブログにて9月リリース予定の「Chrome 53」以降、アクセス解析などに利用されている「小さな」Flashコンテンツもブロック対象に含める方針を発表しました(窓の杜CNET Japanスラド)。

ChromeによるFlashコンテンツのブロックは、セキュリティの向上、エネルギー消費の削減、ページ読み込み速度の高速化等を目的として進められているものです。

昨年9月にリリースされたChrome 42では、Flash広告排除のため、重要なコンテンツ以外ではユーザーが明示的にクリックしない限りFlashコンテンツが再生されないように変更が行われていました。

今回の発表では、以前はブロック対象外となっていた5×5ピクセル以下のFlashコンテンツや、大きさが決まっていないFlashコンテンツもブロックの対象に含まれるよう変更されます。

Flashコンテンツのブロックは今後も強化されChrome 55以降では、FlashのみをサポートするWebサイト以外では、HTML5の利用が優先されるようになるとのことです。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク