「Chrome 55」安定版がリリース - Flashの代替としてHTML5のデフォルト化が進行

S 20161203 102614

米Googleは12月1日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 55」のMac/Windows/Linux版をリリースしました(Chrome Releases9to5Google)。Chromeの自動更新機能、または「Chrome > Chromeについて」メニューから最新版に更新することができます。

Chrome 55.0.2883.75では深刻度Highの脆弱性12件を含む、合計36件の脆弱性の修正が行われています。詳細はChromium Securityページでご確認ください。

Chrome 55では、Flashベースの広告がブロックされるようになったChrome 53や、YouTube Flash PlayerがHTML5バージョンで置き換えることになったChrome 54に引き続き、HTML5によるFlashの置き換えが進行しています。

具体的にはYouTube.com、Facebook.com、Yahoo.com、VK.com、Live.com、Yandex.ru、OK.ru、Twitch.tv、Amazon.com、Mail.ruというトップ10サイト以外ではデフォルトでFlashが無効化され、ユーザーが明示的にFlashの使用を許可する必要がでてくる模様です。その他CSS自動ハイフネーションや多数の細かな修正、新機能が追加されています。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク