Chrome 70安定版がリリース - ログイン状態の明確化や拡張の安全性の強化など

S 20181017 100343

Googleは10月16日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 70」をリリースしました(Chrome Releases9to5Google)。

Chrome 70.0.3538.67では、深刻度Highの脆弱性6件を含む合計23件の脆弱性が修正されています。セキュリティ関連の修正の詳細はChromium Security Pageで確認可能です。

Chrome 70では、前バージョンのChrome 69で各種GoogleのサービスとChromeのログイン機能が連動しているように見えると批判を受けた自動ログイン機能に関する修正が行われています。

まずプライバシー設定に「Chromeへのログインを許可する」というオプションが追加されていて、この設定を無効にすると、ChromeにログインすることなくGmailなどのGoogleサイトにログインできるようになります。

S 20181017 100523

加えてアバターアイコンをクリックしたときに現在の同期状態を分かりやすく表示する機能も追加され、ユーザーに誤解を与えないように改良が加えられています。

HTTPSの使用を推し進める動きの一環としては、HTTPサイトでユーザー名やパスワードなどの個人情報入力しようとすると、アドレスバーに"Not secure"という警告とともに赤色のアイコンが表示される機能が追加われています。ファイルピッカーや認証・支払プロンプトが表示された際、フルスクリーンモードを終了する変更も行われています。

さらにMac版ではTouch IDを利用してWeb認証を行う仕組みが導入され、高品質なビデオストリーミング機能を提供するAV1コーデックのデコード機能のサポートも追加されています。

その他、新機能の詳細はChromium Blogの情報が参考になります。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク