Chrome 79安定版がリリース - WebXR Device APIをサポートする

S 20191211 195838

Googleは12月10日(現地時間)、Chromeブラウザの最新版「Chrome 79」をリリースしました(Chrome Releases9to5Google)。

Chrome 79.0.3945.79では、深刻度Criticalの脆弱性2件、Hightの脆弱性8件を含む合計51件の脆弱性が修正されています。セキュリティ関連の修正の詳細はChromium Security Pageで確認可能です。

Chrome 79では、メモリやCPU、バッテリーなどの各種リソースを節約することができる「タブフリーズ」機能が導入されています。5分以上バックグランドで使用されていないタブは凍結され、タスクが実行できなくなる機能ですが、録音やオーディオ、動画の再生など例外も存在します。

その他、VRやARをWebブラウザで実現するための、「WebXR Device API」の導入や、パスワード保護機能の強化、Origin Trails(Web標準候補の機能をテストするための仕組み)として、rendersubtree属性のサポートや、デバイスがスリープしないようにするための「 Wake Lock API」が導入されています。

新機能の詳細はChromium Blogが参考になります。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク