Chromeに通知要求の自動ブロック機能が追加へ

Stop shield traffic sign road sign 39080

最近Webサイトからユーザーに対して情報通知を表示する「Webプッシュ」と呼ばれる技術が流行しています。見逃したくない情報を知らせてくれる便利な機能ですが、通知を許可するために毎回ポップアップが表示されるため、いらだたしい気分になる方も多いかもしれません。

幸いXDA-Developersによると、Googleがこの問題を改善するため、Android版Chromeに通知許可プロンプトを静かにするためのオプションを追加しようとしていることが分かりました(9to5Google)。

現在Chrome for Androidには以下のフラグが追加されているとのことです。

Quieter notification permission prompts

Enables quieter permission prompts for notification permission requests. When a site wishes to show notifications, the usual modal dialog is replaced with a quieter version.

通知許可要求の静かな許可プロンプトを有効にします。 サイトが通知を表示したい場合、通常のモーダルダイアログをより静かなバージョンに置き換えられます。

#quiet-notification-prompts

このフラグの選択肢としては、以下のオプションが選択可能です。

  • Default
  • Enabled
  • Enabled (heads-up notifications)
  • Enabled (mini-infobars)
  • Disabled

フラグはまだ実際に機能しているわけではないようですが、「Enabled(系)」を選んだ場合、これまでよりも邪魔にならない許可プロンプトが表示されることが期待されます。

なおデスクトップ版ChromeやChrome OSでも同様の機能が追加される見込みですが、デスクトップ版の場合、ユーザーが数回通知を拒否した場合、自動的に通知をブロックする機能が追加されるとリソースファイルに含まれるメッセージの内容から予想されています。

Automatically blocked because you declined notifications a few times.

Chromeの通知機能は設定で完全にオフにすることもできますが、自動ブロック機能でその手間を削減することができそうです。

スポンサーリンク