Chrome Canaryにウィンドウに名前を割り当ててマルチタスクを強化する機能が追加

S 20200930 210327

Chromeの最新開発版であるCanaryビルドに、ウィンドウ毎に名前を割り当てることができる機能が追加されたことがわかりました(Techdows)。

この機能によって、タスクバーやAlt+Tabなどを使ってアプリを切り替える際、Chromeのウィンドウが何のために開かれたウィンドウなのかが識別しやすくなることが期待されます。Chromium開発チームは、この機能を「Window Naming UI」と呼び、現在開発を行っています。

機能を試すには以下の手順を実行します。

  • Chrome Canaryを起動。
  • 「Window Naming」を検索。
  • 「Enabled」に変更し再起動する。
S 20200930 210358

▲フラグの設定が完了したら、Chromeのフレームを右クリックし「Name Window」を選びます。

S 20200930 210411

▲適当な名前を入力し「OK」をクリック。

さらに新しいウィンドウを起動して、同様の手順で名前を設定します。

S 20200930 212434 2

▲例えば「娯楽用」「開発用」と名前を付け、Alt+Tabを実行すると場合このように区別して表示されます。

今回紹介した機能は、Winodwsのほか、macOS、Linux、Chrome OS、Androidなどでも利用可能となっています。

スポンサーリンク