【要注意】Chromeが"www"サブドメインを自動的に隠すようになった模様

S 20180907 100901

Googleは先日Chromeの最新版である「Chrome 69」をリリースしました。Chrome 69には、マテリアルデザインの導入や新しいパスワードマネージャーの追加など、Chrome 10周年を記念するのにふさわしいさまざまな新機能が追加されていますが、中には気をつけないと行けない変更も含まれているようです。

例えば今回Chromiumのバグラッキングシステムに不具合として投稿され話題となっている内容は、Chromeのアドレスバーに表示されるドメイン名から"www"が自動的に削除されるというものです。

例えばChrome 69で"www.google.com"を表示すると、アドレスバーには"google.com"と"www"が省略された状態で、上記画像のように表示されます。

S 20180907 100915

クリックすると完全なURLを確認することはできますが、通常状態で目視しただけでは"google.com"を開いているのか、"wwww.google.com"を開いているのか区別できないため、Hacker Newsや、Redditでも議論が巻き起こっています。

実際問題"www"がつくドメインと省略されたドメインは同じサーバーを参照していることが多いのですが、これまでの表示になれていた方はアドレスバーの表示だけでURLを判断しないようにしないといけないかもしれません。

スポンサーリンク