Google、Omniboxの改良でタブ溢れとの果てしない戦いを継続

After

現在ChromeやFirefox、Safari等のメジャーなWebブラウザは、複数のタブでWebページを開くことができる、タブ型のインターフェイスを採用しています。

タブ型のインターフェイスは使いやすく、多くのユーザーが慣れ親しんでいるUIですが、万能ではありません。例えば、多くのタブを一度に開くと極端に操作性が悪くなる、いわゆる「タブ溢れ」と呼ばれる問題が発生することが知られています。

今回Googleはこの問題を改善すべく、Omnibox(アドレスバー)に新たな改良を加えていることが分かりました(Techdows)。

今回加えられた変更は、既存のタブと同じWebページを新しいタブ開こうとした際に表示されるタブの切り替えインターフェイスの改良です。

Before

▲現行のChromeでは「切り替え」ボタンが、候補一覧の右横に表示されますが、新しUIでは「このタブに切り替え」という専用の行が1行追加され、より見逃しづらくなっているのです。

新機能はChrome Canaryでテスト可能で、以下の手順で設定します。

  • Chrome Canaryを起動
  • 「chrome://flags」を開き「dedicated row」を検索
  • 「Default」を「Enabled」に変更し再起動
S 20200124 141737

スポンサーリンク