ChromeのPiPモードが動画以外もサポートし、あらたな心配の種が発生か

S 20190429 100338

GoogleのChromeブラウザは2018年10月に公開されたChrome 70で、動画を小さなフローティングウィンドウで表示できるPicture-in-Picture(PiP)モードを導入しました。

今回、Chromeに追加される予定の機能を確認できるサイト「Chrome Platform Status」に登録された情報によると、このPiPモードが、ビデオコンテンツ以外の任意のHTMLに対して拡張される計画があることが明らかとなっています(MSPoweruser)。

登録された新機能のタイトルは「任意のコンテンツのPicture-in-Picture」というもので、「ビデオレイヤの代わりに任意のHTMLコンテンツを含むことができる、Picture-in-Pictureウィンドウのサポートを追加している」と説明されています。

We are adding support for requesting a Picture-in-Picture window that can contain arbitrary HTML content instead of a video layer. This content can be either interactive or not.

The original Picture-in-Picture API is limited to HTMLVideoElement. It takes the video layer and moves it into a window that follows display rules specific to Picture-in-Picture. Various partners expressed interest for a more flexible API. The feature requests fell into two categories: customising the look & feel and customising the user experience. The former can technically be done using canvas elements but the latter requires a different model that would require user interaction and therefore no longer be compatible with Android, iOS and macOS APIs.

PiPモードのHTMLへの拡張は、外部の情報を参照しながら作業する際に便利な機能のように思えますが、MSPoweruserはこの機能がGoogleのパートナーからの要求によって追加されている様にみえることから、ユーザーの同意なしで表示される新しいポップアップとして利用される可能性があるのではないかと指摘しています。

なおこの機能が追加される具体的な期限・日付は明らかとなっていません。

スポンサーリンク