Google、ChromeのアドレスバーのURLを検索クエリで置き換えるテストを実施中

Query in omnibox

GoogleがChromeで、アドレスバーに表示されているURLを検索クエリに置き換えて表示する機能のテストを開始していることがわかりました(BleepingComputer)。

この実験的な機能は「Query in Omnibox」と呼ばれ、Chrome 71以降のバージョンではデフォルトで無効になっていますが、フラグを変更することで有効にすることが出来ます。現在一部のユーザーでこのフラグが有効に変更されテストが実施されている模様です。

機能が有効になっている場合、検索を実行するとアドレスバーにはURLではなく、クエリの文字列そのものが表示されるようになります。

例えば「test」を検索すると、アドレスバーには「test」とそのまま表示されます。

S 20200204 112115

▲その場合も右クリックして「URLを表示」を選択すればURLが表示されます。

S 20200204 112137

▲URLが表示されました。

GoogleはChrome 76以降、アドレスバーで"https"や"www"といった要素を非表示にする変更を行いました。GoogleはURLがない世界を目指しているとも言われており、今回の変更もその方針に沿ったものといえるかもしれません。

なおフラグを変更するには「chrome://flags」を開き「Query in Omnibox」で検索して、設定を「Enabled」に変更します。

S 20200204 112158

スポンサーリンク