Chromium Edgeの新しいスクリーンショットが大量に公開 - すでに完成度が高くリリース間近か

Twarren edgechromium 1

Microsoftは現在、ChromiumベースのEdgeブラウザを開発中です。プレビュー版の公開の間もなくだと予想されているなか、The Vergeがこの新しいEdgeのスクリーンショットを大量に公開したことがわかりました。

同サイトによると、Chromium版のEdgeでは最初にインストールする際に、ChromeやEdgeからお気に入りや、パスワード、閲覧履歴をインポートすることが可能な模様。使用の前にデフォルトタブページのスタイルを選択することもできるようです。

Twarren edgechromium 2

全般的なインターフェイスはChromeとEdgeのミックスで、ChromeにMicrosoftがアクセシビリティ機能などの独自機能を追加したものとなっているとのこと。ただしEdgeで利用できるいくつかの機能はまだ実装されておらず、ダークモードやタブの保存機能、スタイラスによる書き込み機能などは利用できないようです。

拡張機能は、新しく準備されるEdge専用の拡張ストアのほか、Chromeウェブストアからもインストールすることも可能で、将来的には拡張機能の同期機能が追加される計画もあるようです。ただし現在、同期機能でサポートされているのは、お気に入りの同期だけとのこと

The VergeはChromium版Edgeの初期のバージョンは非常に洗練されていて、起動や閲覧動作も非常に速く、このまま開発が続けられていくなら、Windows上でChromeを使用する必要はなくなるだろうとまとめています。

スポンサーリンク