ChromiumベースのEdgeブラウザのスクリーンショットが多数流出 - 検索エンジンBingが統合

1551773237 1

Microsoftは、現在ChromiumベースのEdgeブラウザを開発中で、間もなくプレビュー版が公開されるとみこまれています。

先日はアイコンやインストーラーのスクリーンショットがインターネット上に流出するなど、開発が着実に進行している様子がうかがえるなか、Neowinがこの新型ブラウザの新しいスクリーンショットを多数入手し、公開したことがわかりました。

新生Edgeのデザインは現行バージョンとそれほど変わっていないものの「すべてのタブを表示」や「表示中のタブを保存して閉じる」など、現行Edgeでは左上のボタンから実行できる、タブを操作するための機能が一部削除されている模様です。一方アドレスバーの右側には、拡張機能のアイコンやプロフィール画像の表示エリアが存在するなど、Chromeに近い構造となっています。

またMicrosoftの検索エンジンであるBingと統合されているのも特徴で、「新しいタブ」の背景にBingの画像が自動的に表示されたり、下部にMicrosoftニュースのパーソナライズされたニュースフィードが表示されるなどといった機能が実装されているとのこと。このフィードのレイアウトはいくつかのオプションから好みに基づいてカスタマイズすることができるとされています。

拡張機能に関してはMicrosoftがEdge専用の拡張ストアを準備する予定で、ストアではChrome Web Storeで公開されたものをEdge用に再コンパイルしたものが提供可能とされています。また設定によって有効にすれば、Chrome Web Storeで公開されている拡張機能を直接インストールすることも可能なようです。

1551773311 5

設定画面も現在のEdgeのように右からスライドするタイプではなく、新しいタブで表示されるChromeに近いものになるとのこと。

まだ完成版ではありませんがChromeユーザーにとっては親しみ安いものになりそうです。

スポンサーリンク