流出止まらず。今度はChromium Edgeの本体がリーク

Edgechromium

Microsoftは現在、オープンソースのWebブラウザChromiumをベースとした新しいEdgeブラウザを開発中で、プレビュー版の公開が間もなく行われると見込まれています。

先日よりいくつかのサイトで新しいEdgeのスクリーンショットが公開されているなか、Neowinによると海外オンラインフォーラムに、Edgeのセットアップファイルがダウンロード可能なURLが貼り付けられていることがわかりました(MSPoweruser)。

リンクからダウンロードできるEdgeのバージョンは75.0.107.0で、スクリーンショットが出回っているEdgeのバージョンと同一となっています。

公開されているEdgeが正当なものかどうか検証することはできませんが、コメント欄などを確認する限り、Windows 10にインストールできて、普通に動作する模様。

ChromiumベースのEdgeのハンズオン動画はThurrottでも公開されており、プレビュー版の公開前に、開発中のビルドが出回っているようです。

スポンサーリンク