Coda 2.7がリリース - macOS Mojaveのダークモードへの対応やアイコンの刷新など

S 20190322 104415

Panicは3月20日(現地時間)、Web用エディタ「Coda」の最新版v2.7をリリースしました。

Coda 2.7ではmacOS Mojaveのダークモードに対応したほか、アプリアイコンの変更を含む外観の刷新など、以下のような新機能が含まれています。

  • Added support for macOS 10.14 Dark system appearance
  • Fresh appearance throughout Coda, including a new app icon
  • Folder transfer operations will now use multiple connections for improved performance
  • Amazon S3 improvements: V4 API support and Multi-part uploading for files > 5GB
  • Support for SFTP ProxyCommand when using ssh config files
  • Added support for PKCS #11 cryptographic keys (such as Yubikey devices)
  • Added auth-agent support (including Krypton)
  • New file Info window
  • File tag support
  • File path copy support
  • Added smart path completion when dragging SVG files to the editor
  • Full IPv6 support for all server types

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。Coda 2は99ドルの有料ソフトでPanicの公式Webサイトから購入することができます。既存のCoda 2ユーザーは無償でアップグレード可能です。

スポンサーリンク