魔法がまんまJava言語の3Dゲーム「Codespell」

Project

魔法をJava言語で記述することができる、プログラミング教育目的の3Dゲーム「Codespell」が公開されています(slashdot秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ)。

舞台設定はファンタジーRPG風なんですが、魔法がそのまんまJava言語なので、楽しく遊びながらお勉強もできるというわけです。

Mac版はバイナリあり

ダウンロードページからMac用のバイナリがダウンロード可能です。ダウンロードしたCodeSpellsMacVersionMarch2013.zipを展開し、

SarahMacVersionFinal 1

SarahMacVersionFinalを右クリック→開くで実行できます。

Project Configuration

解像度と品質は適当に。

魔法はJava言語(たしかに)

起動すると小さい妖精がうろちょろしています。カーソルキーで移動可能。

Project 1
画面右上のSpellの所をクリックすると魔法の選択ができるようです。

Project 2

何種類か魔法が登録されてあって、どれもJava言語で記述されていることがわかります。例えばフレームの魔法はかんな感じ。

import june.*;

public class Flame extends Spell{
  public void cast(){
    Enchanted target = getTarget();
	target.onFire(true);
  }
}

Spellを継承し、ターゲットに対し、target.onFire(true)するんですね。なるほどなるほど。

教育効果はあるかも

ちょっと見た目が古くさい感じが気になりましたが、こういうゲームに夢中になれる子供時代にプレーすればJava言語を楽しく学習できるかもしれません。すでに大くなってしまったお友達は…素直にEclipseで勉強した方が手っ取り早いと思われます。

プログラマーがファンタジー世界に迷い込んでしまったという題材の小説「大魔導師の召喚―魔法プログラマー@ウィズ」を思い出してしまいました。

最後に紹介動画などをどうぞ。

スポンサーリンク