「CoffeeScript 1.9.0」リリース

Window

コンパイルするとJavaScriptソースファイルを生成するプログラミング言語「CoffeeScript」の最新版「CoffeeScript 1.9.0」がリリースされています。

バージョン1.9.0では、ES6ジェネレーターのサポートが追加されたほか、構文解析の堅牢化や、文字列/正規表現のためのエラーメッセージの改良、内部のコンパイラ変数名の生成法の変更、REPL互換性の修正が行われました。

また多くの細かな不具合の修正が行われています。

スポンサーリンク