JavaScript形式に出力できるプログラミング言語「CoffeeScript 1.8.0」リリース

CoffeeScript

Rubyライクな文法で記述でき、コンパイルするとJavaScriptが出力されるプログラミング言語「CoffeeScript」の最新版「CoffeeScript 1.8.0」が26日(現地時間)にリリースされています(ChangeLog)。

ChangeLogによると、バージョン1.8.0の変更点は以下の通り。

  • CLIの"--join"オプションのdeprecated化
  • Source mapが".js.map"拡張子を使用するようになる(.mapではなくて)
  • CLIがファイルの書き出しに失敗したときにexit code 1でexit
  • コンパイラーがターミネートされていないシングルクォート文字列でクラッシュしないようになる

細かい変更が多いようです。詳細その他ChangeLogを参照してください。

スポンサーリンク