COOKPADの「Rubyコーディング規準」が参考になる予感

NewImage

レシピサイト「COOKPAD」は、Railsを使って開発されていることで有名です。そのCOOKPADで使われている「Rubyコーディング規準」が公開されています(GitHub)。

「インデント」、「空白」、「1行の文字数」などの表面的な部分から、「配列」、「ハッシュ」、「制御方法」、「メソッド呼び出し」、「モジュールとクラスの定義」など、より深い部分に関する規約までいろいろとまとめられています。

Hash 1

個人的に気になったのは、ハッシュリテラルで、"=>"(HashRocketと呼ぶらしい)を使わないという規約ですかね。オールドタイプなので、新しい表記に中々慣れなくて困ってます(汗

Rubyは記述の自由度が高いのでチームで開発する場合、しっかりした規約が必要となるかもしれません。Ruby開発者は一度チェックしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク