Coreboot 4.5正式版がリリース

S 20161024 221747

オープンソースのBIOS実装ソフトウェア「Coreboot」の最新版v4.5がリリースされました(アナウンスPhoronix)。

Coreboot 4.5では多くのツールチェインの更新を始め、ADA言語のサポート、TPM2.0のサポート、新しいドライバの追加、ベンダーコードのクリーンアップ、ペイロードの更新、13の新しいマザーボードの追加など、さまざまな更新が行われています。

今回Coreboot 4.5がサポートしたマザーボードには、AMD Mullins Evaluation BoardやApple iMac 5.2、Lenovo N21 Chromebook、AOpen Chromebox、Acer Chromebox CXI2、Google Reef Apollolake,などが含まれています。

CorebootプロジェクトはFSFによる支援を受けているフリーソフトウェアプロジェクトで、コンピューターに必ず必要となるBIOSをオープンソースで実装することを目標としたプロジェクトです。

今回のリリースは四半期毎のリリースから半年ごとのリリースに切り替わった最初のリリースとされ、次回のリリースは2017年の4月に計画されています。

I screenshot1 タイトル Coreboot
公式サイト https://www.coreboot.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7496-coreboot
説明 コンピューター起動時に必ず必要となるBIOS/ファームウェアをオープンソースで実装することを目指すプロジェクト。

スポンサーリンク